手作り醤油のすすめ!万能だし(めんつゆ)と出汁ふりかけの作り方!

●手作り醤油のすすめ!手作りつゆとこの出汁で作るふりかけ。

こんにちは!玄米販売専門店店長の平井です。

手作り醤油のすすめ!

手作りつゆを作るときに出るお出汁で作るふりかけ。

安心素材で美味しい。保存も可能な万能出汁です。

水を使っていないため、冷蔵保存で半年は大丈夫です。
(美味しいから、すぐになくなってしまうと思いますけど^^)

旨味たっぷりの手作りつゆです。

 

めんつゆって自分で作ると美味しいってご存知でしたか?

もちろん自分で使うので材料にもこだわっています。
(市販用でこれだけの材料を使うと、値段が半端ないので出来ません^^)

自家用なのでこれだけの贅沢な材料を使えるのです!

 

つゆを作った後のお出汁は絶品のふりかけになります^^
なので捨てる物がないのです。

こんな贅沢なめんつゆとふりかけ是非試してみて下さい。

手作りつゆ

材料

手作り醤油・・・300ml
三河みりん・・・300ml
鰹節・・・30g
粉末昆布・・・大さじ1
干し椎茸(香信)・・・3枚

下記の写真は上記の7倍の量で作っています^^

 

作り方

鍋に材料を入れて一晩漬け込む

 

中火でグラグラ煮立たせないくらいで煮込む。
沸々してきたら火を弱めて20分くらい。

良い香りが広がってきたら火を止める。

 

熱いうちに、ザルなどできちんとこす。

 

熱いと出来ないので、熱が冷めたら手でぎゅっと搾り出す。

 

容器は煮沸消毒してから、つゆを入れる

だいたい3900mlくらい搾れました^^

色はめっちゃ黒いのですが、
味は出汁の旨味たっぷりでまろやかな味に仕上がっています。

作る時に、
材料には水を1滴も使っていないので、
冷蔵庫保管すれば半年は保ちます。

 

 

ふりかけの作り方

材料

搾った出汁類・・・鰹節、椎茸、昆布
ちりめんじゃこ

桜エビ
アミエビ・・・適量

 

つゆを搾ったら、鰹節と椎茸に分ける。
椎茸の石突きを切り取って、細かく刻む。

 

鰹節を刻む

 

フライパンに米油を多めにしいたら、
まずは椎茸とちりめんじゃことアミエビと桜エビを炒める。

ある程度火が通ったら、最後に鰹節を入れて炒める。
(注意:先に鰹節を炒めると焦げやすいので後から入れるのがポイント)

最後に胡麻をたっぷりと入れる

こんな感じにできあがりました。

 

ちなみに上記の写真の量は、

手作り醤油・・・2.5L
三河みりん・・・2.1L
鰹節・・・150g
椎茸(香信)・・・20個
粉末昆布・・・大さじ3

ふりかけの材料

ちりめんじゃこ・・・2袋
アミエビ・・・1袋
桜エビ・・・40g

この量は、一般家庭では多すぎますよね^^

 

出汁ふりかけの美味しい食べ方レシピです。

ふりかけを玄米ご飯に混ぜ込んでおにぎりにしました。

 

ふりかけを使って玄米ご飯の炒め飯。

 

ふりかけと納豆の炒め飯に焼き海苔!

 

ネギしょう油麹入り卵で玄米ご飯のオムレツ風

 

 

中はこんな感じです

 

このふりかけも

水を一切使っていないので保存が利きます。

冷蔵庫で半年は保存できます。

 

お汁とふりかけはセットで作れます。

是非お試しくださいネ!

手作り醤油のすすめ!

手作り醤油のすすめ

手作り醤油のすすめ

 

自宅で玄米ご飯を美味しく炊きたい!
どうやったら美味しく出来るの?

悩んでいる方は玄米炊き方教室に参加してみてください。

 

発酵食品のすすめ!

手作り発酵食品のすすめ

手作り発酵食品のすすめ。米こうじ・醤油こうじ・おなめこうじの作り方と美味しい使い方

ぬか床教室

 

ここで使っている麦味噌は、2年熟成無添加麦味噌です

 

おいしいご飯に美味しい味噌汁

 

麦味噌は自分で仕込めますよ。

手作り味噌・手作り醤油教室もやっていますので
一緒に仕込んでみませんか!

手作り味噌教室・手作り醤油教室参加者募集中です!

 

初めての玄米食を美味しく食べるための三種の神器

 

フォローして下さいネ!