醤油搾りと再仕込み醤油仕込み

●醤油搾りと再仕込み醤油仕込み

こんにちは!玄米販売専門店店長の平井です。

醤油搾りと再仕込み醤油仕込み

醤油は仕込んでから1年後に搾ります。

 

袋の中にもろみを入れると、
醤油がポタポタと垂れてきます。

ある程度の量で蓋をして圧力をかけていきます。
この時に、袋が搾った醤油に浸からないようにすること。
(下記の写真のようになっていればOK)

醤油が貯まってきたらペットボトルなどの容器に移す。
残りのもろみをすべて入れて、また蓋をして圧力をかけて搾る

全部セットできました。

これが醤油の搾り粕です。
醤油蔵では、搾り粕はカスカスになるまで搾りますので、
搾り粕は産業廃棄物になってしまいますが、

自家用ですと、
こんな簡単な浅漬けの道具を使っているので、
程ほどにしか搾れませんから、
搾り粕が美味しく使えるのです^^

醤油搾り粕の美味しい使い方はこちらをご覧ください

再仕込み醤油は、
この搾った醤油でもう一度仕込むことです。

搾った醤油・・・1100ml
水・・・700ml
塩・・・170g

とてもコクのあるまろやかな味わいの醤油になります。
そして、減塩になります^^

 

塩を入れて、醤油を入れて、水を入れます。
塩の固まりがなくなるまでよくかき混ぜる。

醤油の麹を入れてよくかき混ぜる。
これで醤油の仕込みは完成です。

後は毎日の育て方で醤油の味が変わります。

 

 

 

 

醤油の搾り粕って、
醤油を作らないと手に入らないのです。

醤油って自宅では中々作れないってご存知でしたか?

醤油って仕込むのは簡単なのですが、
これを搾るのが大変なのです。

これが出来るのが当店の味噌・醤油教室です。

興味のある方は是非参加してくださいネ。

 

まだまだ美味しい使い方はたくさんありますのでこちらもご覧下さい

 

手作り味噌教室・手作り醤油教室参加者募集

 

手作り味噌教室・手作り醤油教室の疑問・質問

 

 

手作り発酵食品のすすめ!

手作り発酵食品のすすめ

手作り発酵食品のすすめ。米こうじ・醤油こうじ・おなめこうじの作り方と美味しい使い方

 

自宅で玄米ご飯を美味しく炊きたい!

どうやったら美味しく出来るの?

悩んでいる方は玄米炊き方教室に参加してみてください。

 

玄米食専用残留農薬ゼロ・玄米食最適米、ミルキークィーン

ここで炊いているお米はミルキークィーンというお米です。

 

玄米の美味しい食べ方レシピはこちらもご覧くださいネ!

 

初めての玄米食を美味しく食べるための三種の神器

フォローして下さいネ!