生甘酒の美味しい使い方・作り方!米麹だけで作る甘酒!!

●生甘酒の美味しい使い方・作り方!米麹だけで作る甘酒!!

こんにちは!玄米販売専門店店長の平井です。

生甘酒の美味しい使い方・作り方!

米麹だけで作る甘酒のすすめ!

材料

米麹(乾燥)・・・200g

お水・・・400ml

作り方

ヨーグルトメーカを使って6時間で作れます!

ヨーグルトメーカーで作るメリット

スイッチを入れれば温度調整もしてくれるし、

タイマーがついているので切り忘れもなく確実に作ることが出来る。

 

米麹とお水をよく混ぜる

60度・6時間でセットする

 

ちなみに私のやり方は、

5時間でセットします。タイマーが切れても容器を出さないと

保温状態なので、タイマーが切れてからの外し忘れでも

保温状態で大丈夫かと思っているのでこのやり方にしています。

できあがったらふた付きの容器に移して冷蔵庫保管

 

生甘酒は酵素が生きているので、冷蔵庫に入れて置いても

発酵が進んでいきます。

1週間~10日くらいで使い切る量で作ることをオススメします。

 

ちなみに塩麹や醤油麹もヨーグルトメーカーで作るのが

簡単で確実に出来ます!

 

甘酒を砂糖の代わりに使う

甘酒は飲むばかりでなく、

料理にも使える優秀な調味料なのです。

甘み担当の調味料として、砂糖と同じように

気軽に使えば良いのです。

甘酒の甘さは、砂糖に比べれば穏やかで

とてもやさしい。

おかげで料理の味がマイルドになり、

後味がすっきりします。

その違いは、特に砂糖の代わりに

使ってみたときによくわかります。

砂糖の甘さというのはとても強く、ダイレクトです。

砂糖の甘さで食材を覆う、というイメージです。

一方甘酒の甘さは軽く、素材の味を表に

引き出してくれる。甘みを変えるだけで、

料理がすっきりとスマートになって、

素材の旨味が押し上げられてくるのです。

 

甘酒を漬け床として使う

甘酒に食材を漬ければ、

糖と発酵の効果で食材が腐りにくくなり、

さらに、食感や味わいが変化します。

こうした効果は、肉や魚を漬けたときに顕著です。

甘酒の中にある麹菌の酵素の作用で

肉や魚が柔らかくジューシーになり、

食材の旨味を引き出してくれるのです。

さらに甘酒自体が持つ複雑な旨味も

加わりますから、相乗効果でより美味しくなる。

 

甘酒の美味しい使い方はこちらもご覧くださいネ!

 

米麹はこちらをご覧ください。麦麹・おなめ麹もあります。

手作り発酵食品のすすめ

手作り発酵食品のすすめ。米こうじ・醤油こうじ・おなめこうじの作り方と美味しい使い方

 

塩麹の美味しい使い方!

手作り塩麹の美味しい使い方

 

醤油麹の美味しい使い方!

醤油麹の美味しい使い方

 

おなめ麹の美味しい使い方!

 

手作り味噌教室・手作り醤油教室参加者募集中です!

 

手作り味噌教室・手作り醤油教室の疑問・質問

 

初めての玄米食を美味しく食べるための三種の神器

 

 

フォローして下さいネ!